May 30, 2019 / 3:26 AM / 22 days ago

戻り鈍い、資金の逃げ足の速さには注意が必要


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;20824.91;-178.46TOPIX;1522.03;-14.38

[後場の投資戦略]

 足元で話題となっている中国によるレアアースの供給制限は米産業界に大打撃となるほか、米中対立の長期化が世界経済に悪影響を与えるとの見方が市場で強まっている。これを受け、世界的に株式保有を減らして債券の持ち高を増やす動きが顕著になっている。なかでも、米10年債利回りは2017年9月以来の水準まで低下。この流れからか、4月にみられた海外投資家による日本株買いの動きにも陰りがみられており、5月以降は現物・先物ともに日本株は売り越し基調となっている。やはり、6月末に開催される主要20ヵ国・地域(G20)首脳会議の場における米中トップによる会談を前に、日経平均のリバウンドの余地に目を向ける海外投資家は増加しにくいと見られる。

 他方、6月限の225オプション市場においても、プットオプションが優位な需給状況が続いている。プットサイドで最も売買高・建て玉ともに積み上がっている水準が権利行使価格20000円処となっているほか、そのほかダウンサイドにおいても19500円、19000円、18500円商いが集中している格好である。国内外の投資家が目先の日経平均に関しては下方へのリスクに備える向きが優勢になってきているようだ。本日の東京市場における個別物色としては、前述の通り、半導体関連の一角やレアアース関連などに関心が向っている。後場にかけてのこれらの動意をみせる銘柄に対して短期資金が引き続き向かう地合いは続く可能性はあるものの、相場全体の地合いとしては資金の逃げ足が速くなりやすい点にも十分留意しておきたいところである。(雲宮 祥士)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below