August 1, 2019 / 3:20 AM / 4 months ago

朝方の売り一巡後に底堅さ意識


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21525.85;+4.32TOPIX;1567.52;+2.38

[後場の投資戦略]

 前日の東京市場では、日経平均採用銘柄における千代田化工建設6366の除外・バンナムHD7832採用に伴う約1200億円規模の日経平均その他構成銘柄への需給面の売りが出たこともあり、先物に対する断続的な売り注文も観測されていた。本日は、このインデックスイベントを通過したほか、円安進行などもきっかけに海外短期筋による指数先物への買い戻しが意識されている。オプション市場でも、日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)が急速に低下しており、朝方の16.32ptから前引けには15.29ptまで落ち着いている。これも、前日に買われたプット・オプションを一気に手仕舞う動きが強まったとみられる。

 週末にかけては、米国では雇用統計やISM製造業景況指数などのほか、ユーロ圏や英国でも製造業PMIなどといった重要経済指標の発表が相次ぐことからも、東京市場としても積極的に上値を追いにくい地合いとなりそうだ。一方で、日経平均に対していったんは売り一巡後の底堅さが意識されたタイミングになっており、後場にかけても好業績銘柄に対して関心は向かいやすいだろう。また、同セクター内の銘柄の好業績を受けた、決算発表前の先回り物色なども目立っており、なかでも村田製やTDKの決算を受けた太陽誘電6976などの外資系証券による空売りポジションの積み上がっている電子部品株の動向には引き続き注目が集まろう。(雲宮 祥士)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below