September 30, 2019 / 3:29 AM / 15 days ago

外部要因を睨みながら、個別物色で対応


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21780.20;-98.70TOPIX;1591.46;-12.79

[後場の投資戦略]

 日経平均は日中値幅が70円程度の狭いレンジ取引であり、方向感が掴みづらい状況である。下を売り込む流れにはなっていないものの、チャート形状では下向きに転じてきている5日線に上値を抑えられており、7月のレンジ上限レベルである21700円処での踏ん張りを見極め、反転を見せられないと25日線辺りまでの調整が意識されてくる。

 また、10月10日にも米中の閣僚級の通商協議が開かれる予定であり、この結果を見極めたいとする模様眺めムードも強い。さらに、中国の国慶節入りとともに、香港のデモ問題への影響も警戒する必要があることであり、リバランス中心の売買にとどまろう。月末のドレッシングへの思惑から底堅さは意識されやすいが、物色としては材料株での値幅取りに限られよう。

 なお、先週末の下落局面では日銀のETF買い入れがみられていた。ETFによる買い余力はたっぷりあると観測されており、これが需給面での下支えとして意識されよう。日経平均はこう着となろうが、コロプラ3668が連日で強い値動きをみせるなど、物色意欲は根強いとみられる。外部要因を睨みながら、個別対応といったところであろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below