January 29, 2020 / 3:32 AM / a month ago

楽観に傾いたとは言えず、業績見極め続く


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;23325.52;+109.81TOPIX;1695.39;+3.11

[後場の投資戦略]

 本日の日経平均は自律反発の流れとなり、3ケタの上昇で前場を折り返した。新型肺炎の拡大懸念から続いていた米株安、円高進行がひとまず一服。さらに、春節(旧正月)の連休明けで動向が注目された香港ハンセン指数は3%安から始まったのち下げ渋っており、過度な警戒感がやや和らいだようだ。ただ、日経平均は朝方に小幅ながらマイナスへ転じる場面があり、前引け時点でも東証1部銘柄の半数以上が下落しているところを見ると、市場が楽観ムードに傾いたとは言えないだろう。円相場の下落や香港株の戻りもやや鈍く、後場の日経平均はプラス圏でもみ合う展開となりそうだ。日足チャートで23200円台後半に位置する75日移動平均線水準を維持できるかが焦点となる。

 個別株の動向を見ると、今週から発表が本格化した2019年10-12月期決算のほか、海外類似企業の決算を受けてまちまちといった状況。比較的注目度の高い信越化やエムスリーが好反応を示していることは安心感につながるが、オービック4684などのように材料出尽くし感から売られる銘柄もあり、ザイリンクスの決算を受けたアンリツの大幅下落は5G関連への期待感を後退させる可能性がある。村田製が朝高後下げに転じ、アップルの決算も期待以上のものだったと受け止められていないことが窺える。本日はLINE3938、オムロン6645、アドバンテス6857、ファナック6954、キヤノン7751などが決算発表を予定。今週末には発表の第1のピークを迎え、個別の業績動向を見極めたいとの思惑も強まりそうだ。(小林大純)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below