February 3, 2020 / 3:20 AM / 14 days ago

業績成長期待の大きい銘柄へは押し目買い好機にも


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22981.99;-223.19TOPIX;1673.53;10.91

[後場の投資戦略]

 日経平均はギャップスタートとなったが、テクニカル的なところでは、一目均衡表の雲下限や26週線が支持線として機能する格好での下げ渋りをみせている。明確なボトム形成は確認できてはいないが、同水準が支持線として機能するようであれば、次第に落ち着きもみられてこよう。

 一方で、中国は警戒された、サーキットブレーカー発動といった状況にはならなかったが、中国人民銀行は市場や経済への悪影響を緩和する狙いから、公開市場操作で金融市場に約18兆7000億円を供給すると発表。政府は株価安定のために売りが大きく規制されているため、警戒感が拭えたとは言えない状況であろう。

 当面、警戒感が根強い状況が続く中、業績等に安心感のある銘柄などへ、長期スパンで対応したいところであろう。先週末に決算を発表したTDK6762なども、売り一巡後は下げ幅を縮めてきており、一時プラス圏を回復する動きもみられている。業績成長期待の大きい銘柄へは、足元での急ピッチの調整局面において、押し目買いの好機にもなりそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below