February 6, 2020 / 3:26 AM / 23 days ago

外部環境落ち着き買い戻し優勢、後場はトヨタ決算控える


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;23803.19;+483.63TOPIX;1734.86;+33.03

[後場の投資戦略]

 本日の東京市場前場では、日経平均のギャップアップスタートにより25日移動平均線を上抜け、2020年に入ってからの価格帯別売買高で日経平均株価における商いの最も積み上がる水準の23200-23300円のレンジからの上方乖離幅も拡大した。足元の相場下落局面で目立っていた商品投資顧問(CTA)とみられる短期筋の売りが観測されていたこともあり、外部環境のいったんの落ち着きや前述した直近レンジの上抜けを受けて、これらの主体が慌てて指数先物を買い戻す動きが強まった可能性がありそうだ。また、中国当局による景気下支え策への期待感や新型肺炎治療薬に絡んだ報道を背景に、中国をはじめとしたアジア株式市場も総じて朝方から上げ幅を拡大させてきており、ランチタイム中にかけて225先物に対する断続的な買いも継続しているもよう。

 本日は後場入り後13時台にトヨタ自動車による20年3月期第3四半期決算が控えているが、同業他社のマツダ7261やSUBARU7270の前日の減益決算を受けた本日の市場反応や、足元の同社の信用需給の状況などを勘案しても、特段の警戒感は高まっていないようである。決算が本格化していることから商いは膨らみづらいこともあり、先物主導によるインデックス売買に押し上げられた後は、次第にこう着感が強まりやすいところでもあり、決算を手掛かりとした個別物色にシフトする流れも想定しておきたいところ。市場環境の落ち着きを背景に、直近下落の目立っていたマザーズ市場銘柄や東証1部の中小型銘柄に対する見直しの動きといった物色の広がりに対しても目を向けておきたいところだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below