June 13, 2018 / 4:24 AM / 6 days ago

後場の日経平均は68円高でスタート、KDDIや信越化学が牽引


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22946.93;+68.58TOPIX;1799.39;+6.57


[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前引け値水準を若干上回る22946.93円で始まった。ランチタイムの225先物は現物前引け値水準を挟む22870円処から22930円処の狭いレンジでやや強含みとなる展開だった。昼のバスケットは20億円の買い越し。為替市場では対円でドルが米国時間12日午前の110円10銭台半ばをボトムにじり高基調を維持しており、日本時間13日正午過ぎには110円60銭台半ばまでドル高円安に振れている。追加利上げが予想されている本日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、今週相次いで発表される5月小売売上高など主要な米経済指標で米国経済の基調の強まりが確認され、来年も利上げが継続される可能性を市場は意識し始めている公算がありそうだ。良好な米経済指標とドル高円安基調への期待から輸出関連株を物色する動きが台頭しつつあり、本日の日本株市場で相場の地合いは堅調さを維持している。

 後場の寄付状況をみると、セクターでは海運、不動産、その他金融が堅調な一方、その他製品、鉱業、石油が軟調な動きにある。指数インパクトの大きいところでは、ソフトバンクG9984、KDDI9433、信越化学4063が牽引役な一方、ファーストリテ9983、日東電工6988、アドバンテスト6857が重石となっている。上記銘柄を除いた売買代金上位の銘柄ではトヨタ自7203、日本電産6594が堅調。
《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below