November 15, 2019 / 4:04 AM / a month ago

後場の日経平均は195円高でスタート、三桜工の上昇が目立つ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;23337.18;+195.63TOPIX;1699.49;+15.09

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比195.63円高の23337.18円と前引けから上げ幅を拡大して取引を開始した。午前の日経平均は3日ぶり反発。アジア株は堅調。ランチタイム中の225先物は23300円-23400円のレンジで推移。円相場は1ドル108円60銭付近での推移となっている。米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長が米中協議の合意について「近づいている」と述べたと伝わったことで早朝に進んでいた円高基調が一服した。この流れから、後場の日経平均は上げ幅を拡げて寄り付く形となった。なお、米半導体製造装置大手の決算内容が好感されたようで、半導体をはじめとしたハイテクセクターの上昇が目立っている。

 業種別では、鉱業を除き、水産・農林業、パルプ・紙、倉庫・運輸関連業、海運業、精密機器、証券・商品先物取引業、サービス業、鉄鋼などを筆頭にほぼ全業種がプラスで推移している。売買代金上位では、三桜工6584が20%を超える上昇と目立つほか、スルガ銀行8358、すかいらーく3197、日本郵政6178、アドバンテスト6857、東京エレクトロン8035などがプラスで推移。一方、経営統合に向けた不透明要因からZHD4689とLINE3938の下落が目立つほか、ZOZO3092、任天堂7974、日産自7201などがさえない動きとなっている。
《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below