March 13, 2020 / 4:07 AM / 19 days ago

後場の日経平均は1513円安でスタート、東証33業種すべてマイナスの全面安商状


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;17046.59;-1513.04TOPIX;1230.40;-97.48

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比1513.04円安の17046.59円と前引けから下げ幅を拡大して取引を開始した。ランチタイム中の225先物は16630-16920円のレンジで推移。為替は1ドル=104円90銭-105円00銭と朝方よりもやや円安気味での推移となっている。アジア市場も全面安商状で、中国・上海総合指数は3%前後、香港・ハンセン指数は5%超とそれぞれ大幅に下げている。ただ、どちらも寄り付き直後の水準からはやや下げ幅を縮小。引き続き新型コロナウイルス拡大に伴う世界同時株安を嫌気した売りが続いている。時間外のNYダウ先物が12日の同指数現物終値よりも更に下落していることなどもセンチメントの悪化に繋がっているようだ。この流れから、前引けにかけてやや下げ幅を縮小していた日経平均は後場に入ってから再び下げ幅を拡げる展開となっている。

 業種別は、東証33業種すべてがマイナスの全面安商状。鉱業や不動産などが2ケタ台の下落率となっているほか、相対的に下落幅が低いパルプ、鉄鋼、ゴムなどでも5%超の下落率となっている。東証1部の売買代金上位では、日経平均高構成銘柄であるソフトバンクG9984およびファーストリテ9983が6%超のマイナスとなっているほか、ソニー6758が7%超、東エレク8035は10%近い大幅安となっている。この他、任天堂7974、トヨタ7203、三菱UFJ8306、武田4502、KDDI9433、ファナック6954なども大幅下落で並んでいる。
《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below