May 21, 2020 / 4:17 AM / 17 days ago

後場の日経平均は3円高でスタート、アイロムGや任天堂などが上昇


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;20598.74;+3.59TOPIX;1493.68;-1.01

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比3.59円高の20598.74円と前引けから一転してわずかにプラスに転換して取引を開始した。ランチタイム中の225先物は上限20600円−下限20560円の狭いレンジでの小動き。為替は1ドル=107円60銭台と朝方とほぼ変わらずの水準。アジア市場も小動きで、中国上海総合指数および香港ハンセン指数は揃って前日終値とほぼ変わらずの小高い水準での推移。後場の日経平均は、前引けとほぼ変わらずの水準、前日終値よりをわずかに上回る水準で再びプラスに転換して取引を開始したが、その後は改めてマイナスに転換し、こう着感を強めている。

 セクターでは、陸運業を筆頭に水産・農林業、建設業、ゴム製品などが下落率上位の一方、石油・石炭、鉱業、海運業、ガラス・土石製品、鉄鋼などが上昇率上位となっている。東証1部の売買代金上位では、21年3月期は市場予想を上回る大幅な減益見通しを発表した島津製作所7701が3%程度と下落しているほか、ソフトバンクG9984、キーエンス6861、エムスリー2413、東エレク8035、OLC4661、KDDI9433などが下げている。他方、新型コロナウイルスに対する新規ワクチン開発が、AMED公募事業に採択されたと前日に発表したアイロムG2372が20%を超える大幅高を演じているほか、任天堂7974、ファーストリテ9983、ソニー6758、富士フイルム4901、業績予想を上方修正した神戸物産3038などが上昇している。
《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below