for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

後場の日経平均は154円安でスタート、任天堂や武田薬などが安い


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;23177.02;-154.92TOPIX;1592.77;-18.16

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比154.92円安の23177.02円と前引から下げ幅を若干縮小して取引を開始した。ランチタイム中の225先物は下げ幅を縮小。アジア市場は、一部を除いてほぼ全面安。為替は1ドル=104円40銭台と朝方より若干円高で推移。午前の日経平均は米国市場が上昇したものの、米アップル株が時間外取引で下落したことや、前日の東京市場が先行して下げ幅を縮小していたことから、小幅続落でスタートした。寄り付き後は、スペインが非常事態宣言を来年5月まで延長することを決定したことが伝えられており、欧州各国にこの流れが広がり、景気が一段と悪化するとの懸念から、日経平均は下げ幅を拡大し、一時は200円以上下落する場面があるなど、午前は軟調な展開となった。なお、午前のTOPIXの下落率はマイナス1.29%で、後場の日銀のETF買いの公算は大となる。後場の日経平均は午前の終値より若干下げ幅を縮小してスタートし、後場寄り近辺でもみ合いしている。

 セクター別では、医薬品、証券・商品先物取引業、空運業、その他金融業などが下落率上位となっており、一方、銀行業、金属製品が上昇となっている。東証1部の売買代金上位では、任天堂
7974、武田薬4502、日本電産6594、東京エレクトロン8035が安く、アドバンテスト6857、ファナック6954、島忠8184、パナソニック6752、KDDI9433が高い。


《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up