for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

後場の日経平均は169円安でスタート、キヤノンやオリエンタルランドが安い


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;27275.02;-169.15TOPIX;1788.51;-16.17

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前営業日比169.15円安の27275.02円と前引け値(27344.87円)から下げ幅を広げて取引を開始した。ランチバスケットは差し引き20億円の売り越しとの観測。また、ランチタイムの日経225先物はもみ合い推移。前場のTOPIXの下落率が0.66%となっており、後場は日銀によるETF買入れの思惑が下支え要因として意識されよう。一方、今週は5日に米ジョージア州の上院決選投票が行われる他、8日の雇用統計を含め米国で重要な経済統計の発表が相次ぎ、これらを見極めたいとする向きも多く、様子見気分が徐々に広がりやすいとの指摘が聞かれている。

 売買代金上位では、エムスリー
2413を筆頭に、レノバ9519、ブイキューブ3681などが引き続き強い値動き。一方、キヤノン7751、オリエンタルランド4661、ANA9202、東海旅客鉄道9022などが下落。業種別では空運を筆頭に、不動産、鉱業、陸運などが下落率上位にランクイン。
《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up