for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

後場の日経平均は103円高でスタート、ソフトバンクGや伊藤忠が高い


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;29511.52;+103.35TOPIX;1899.85;+5.00

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比103.35円高の29511.52円と前場終値から上げ幅を拡大して取引を開始した。ランチタイムの225先物は横ばいで推移。アジア市場はほぼ全面高。為替は1ドル=106円80銭台と朝方から円安で推移。午前の日経平均は、米国市場は反落したが、2桁の上昇でスタートした。指数に寄与度の高いファーストリテイリング
9983が下げ幅を縮小したことやソフトバンクG9984が上げ幅を拡大しことが相場を下支えし、プラスを維持して午前の取引を終了した。

 後場の日経平均は、前場終値より上げ幅を拡大してスタートした。午前に引き続きソフトバンクGが175円上昇し日経平均に対しては37円の寄与度となり、また、ファーストリテイリングがプラスに転じたことが相場をけん引しているようだ。長期金利の指標である、日本国債10年の利回りが前日比0.005%減の0.120%と落ち着いた値動きをしていることも、株式相場に安心感を与えているようだ。

 セクター別では、鉄鋼、非鉄金属、海運業、ゴム製品などが上昇率上位となっており、一方、電気機器、その他製品、サービス業、その他金融が下落率上位となっている。東証1部の売買代金上位では、ソフトバンクG、武田薬
4502、ホンダ7267、伊藤忠8001、スシローGHD3563が高く、任天堂7974、キーエンス6861、ソニー6758、東京エレクトロン8035、日本電産6594が安い。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up