for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

後場の日経平均は708円高でスタート、東エレクや川崎汽船が上昇


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;26456.80;+708.08TOPIX;1866.67;+37.49


[後場寄り付き概況]
 後場の日経平均は前日比708.08円高の26456.80円と、前引け(26421.84円)から上げ幅を更に広げてスタート。ランチタイム中の225先物は26370円-26470円のレンジで後半にかけて強含み。ドル・円は1ドル=128.90-129.00と朝方から40銭ほど円安・ドル高水準に傾いている。アジア市況は全般堅調で、上海総合指数がしっかりで推移している一方、香港ハンセン指数は2%超の上昇率で大幅高。前日に発表された米4月卸売物価指数(PPI)は、総合の伸びが前年比で予想を上回った一方、変動の激しい品目を除いたコアでは予想を下回り、まちまちな結果。インフレ懸念がくすぶる中ではあるが、一方、今週に入ってから昨日までの下落幅が1200円超にも及ぶ日経平均は朝方から買い戻しが先行。米10年債利回りが2.8%台へと低下するなか、ハイテク株をけん引役に堅調な推移が続いている。時間外取引のナスダック100先物が上げ幅を1%強まで広げてきていることも支援要因となり、後場の日経平均は寄り付き直後に一時26500円を窺う位置まで上昇。一方、心理的な節目を前に買い戻しに一服感も漂い、その後はやや失速する様子も見られている。

 セクターでは精密機器、電気機器、金属製品などを筆頭にほぼ全面高。一方、電気・ガス、鉱業、倉庫運輸の3業種のみが下落となっている。東証プライム市場の売買代金上位では、ソフトバンクG
9984が急伸しており、東エレク8035、川崎汽船9107、ソニーG6758、ファーストリテ9983、リクルートHD6098、オリンパス7733、レノバ9519などが大幅に上昇。一方、NTTデータ9613が大きく下落しており、三井物産8031、SUMCO3436、日産自7201なども軟調。
《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up