for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

後場の日経平均は223円高でスタート、任天堂や東エレクなどが上昇


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;28155.39;+223.19TOPIX;1945.80;+15.07


[後場寄り付き概況]
 後場の日経平均は前日比223.19円高の28155.39円と、前引け(28131.87円)から更に上げ幅を広げて始まった。ランチタイム中の225先物は28110円~28140円のレンジでもみ合い。ドル・円は1ドル=133.10-20円と午前9時頃から30銭ほど円安・ドル高水準。アジア市況では上海総合指数と香港ハンセン指数が共に前日終値からほぼ横ばいの水準で推移。前日の米株式市場でのハイテク・グロース株の続伸や、時間外取引のナスダック100先物の堅調推移を背景に東京市場でもハイテク株の上昇が指数をけん引。また、WTI原油先物価格がウクライナ戦争の勃発後はじめて1バレル=90ドルを割り込み、インフレピークアウト・利上げ減速への期待が高まっていることも投資家心理を上向かせているもよう。今晩の米7月雇用統計を前に買い戻しも加速しているようで、後場の日経平均は一段と切り上げている。

 セクターでは鉄鋼、その他製品、卸売が上昇率上位となっている一方、石油・石炭、鉱業、電気・ガスが下落率上位となっている。東証プライム市場の売買代金上位では日本製鉄
5401と大阪チタ5726が急伸し、東エレク8035、任天堂7974、レーザーテック6920、丸紅8002、アドバンテスト6857、SUMCO3436、HOYA7741が大幅に上昇。トヨタ自7203、ファーストリテ9983、ソニーG6758、キーエンス6861も高い。
《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up