for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

後場の日経平均は542円高でスタート、レノバやNTTなどが上昇


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;27972.91;+542.61TOPIX;1952.62;+36.97


[後場寄り付き概況]
 後場の日経平均は前日比542.61円高の27972.91円と、前引け(27992.25円)からほぼ横ばいでスタート。ランチタイム中の225先物は27950円~28000円のレンジでもみ合い。ドル・円は1ドル=144.00~144.10円と午前9時頃と同水準。アジア市況では上海総合指数がもみ合いとなっている一方、香港ハンセン指数が軟調に推移。原油先物価格の急落を背景にインフレ懸念が緩和し、米長期金利も低下に転じたことでリスク回避の動きが一服。前日の米国株高を受けて東京市場では前の日の反動もあり、全面高になっている。時間外取引の米株価指数先物やアジア市況に動きはなく、円安進行も一服しているが、短期筋の買いが主導する形で日経平均は値幅を伴った上昇を見せている。後場も引き続き、心理的な節目の28000円を窺う水準での推移が続いている。

 セクターでは空運、医薬品、電気機器を筆頭にほぼ全面高。一方、鉱業のみが下落している。東証プライム市場の売買代金上位ではレノバ
9519が急伸しており、NTT9432、キーエンス6861、OLC4661、JAL9201、日本電産6594などが大幅高。ほか、ソフトバンクG9984、東エレク8035、三菱UFJ8306、トヨタ自7203、ソニーG6758、武田薬4502なども高い。一方、INPEX1605が冴えない。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up