Reuters logo
冷静にボトムを探る流れ
2014年12月11日 / 08:43 / 3年後

冷静にボトムを探る流れ


*08:42JST 冷静にボトムを探る流れ
 11日の東京市場はボトム形成を探る展開になりそうだ。10日の米国市場は、NYダウは大幅下落となり、17500ドル割れ寸前まで下げている。世界的な景気減速懸念が広がるなか、原油相場の急落を背景にエネルギー関連を中心に売りが広がっていた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比305円安の17165円となり、これにサヤ寄せする格好から幅広い銘柄に売りが先行することになる。

 また、円相場が1ドル117円台と円高に振れていることも嫌気されやすく、足元で相場全体をけん引してきたトヨタ自7203など、国際優良株への利益確定の流れが強まる可能性がある。一方、日経平均が節目の17000円に接近するなか、目先のボトム形成を意識した押し目狙いのスタンスも出てきそうである。

 原油安メリットから、売り一巡後のブリヂス5108などの動向も注目されよう。そのほか、先物主導でのインデックス売買に振らされやすくなるなか、物色の流れは中小型株にシフトしやすい。なお、本日はGMO TECH6026、ビーロット3452、スノーピーク7816、弁護士ドットコム6027の4社が上場する。足元で換金売り等によってトレンドを崩している銘柄等は、換金売りが一巡することにより、見直しの流れが意識される。

 IPOが好調となれば、潤った資金が再び調整をみせていた中小型株に還流することにもなろう。年末に向けてのIPOラッシュとなるなか、特に明日の4社のパフォーマンスは重要である。
《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below