Reuters logo
需給良好でテクニカル的な過熱への警戒は不要
2015年5月26日 / 23:29 / 3年前

需給良好でテクニカル的な過熱への警戒は不要


*08:23JST 需給良好でテクニカル的な過熱への警戒は不要
 27日の東京市場は底堅い相場展開になりそうだ。26日の米国市場では、良好な経済指標の発表を受けて早期利上げへの警戒感が強まった。NYダウは190ドル安と1ヶ月ぶりの下落幅となった。欧州株はギリシャ財政とスペイン政局を警戒した流れから下落するなか、日本株市場は利益確定の流れが先行しよう。

 ただし、シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円安の20420円と、下落幅は限定的。高いところでは20570円まで上げ幅を拡大させており、先高期待は強い。また、円相場は米国の早期利上げ観測から、約7年10ヶ月ぶりに1ドル123円台に乗せている。円安基調が強まるなか、輸出関連等への業績期待が高まることになりそうだ。

 また、日経平均は8連騰と短期的な過熱感が警戒されてきている。しかし、最近の物色をみると、強い値動きが続いていた銘柄等には利食いが出やすく、一方で相対的に出遅れているセクターや銘柄へのリバランス的な買いが目立つ。日経平均が8連騰の中で、26日の東証1部の騰落銘柄は値下がり数が過半数を占めていた。循環物色が続くなか需給は良好であり、テクニカル的な過熱への警戒は不要であろう。

 物色の流れとしては、相対的に出遅れているセクターや銘柄に向かいやすいほか、1ドル123円台に乗せるなか、輸出関連等の一角へは改めて業績拡大期待からの見直しが意識されそうである。その他、経済産業省と東京証券取引所は、「攻めのIT(情報技術)経営銘柄」として18社を選んでいる。投資初心者やNISA資金による物色が意識されそうである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below