Reuters logo
海外株安の影響が限定的、中小型株に個人主体の資金が向かいやすい
2015年6月4日 / 23:30 / 2年後

海外株安の影響が限定的、中小型株に個人主体の資金が向かいやすい


*08:23JST 海外株安の影響が限定的、中小型株に個人主体の資金が向かいやすい
 5日の東京市場はこう着感の強い相場展開になりそうだ。4日の米国市場は世界的な長期金利の上昇に加え、ギリシャ債務問題への根強い懸念を背景に下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円安の20445円となり、これにさや寄せする格好から売りが先行することになろう。

 ただし、ギシリャ債務問題については5日に返済期日を迎えるため、想定内の値動きだろう。ギリシャは、支払いを延期して月末に一括返済を申請、と報じられているが、これについても既に観測が報じられていた。また、米雇用統計の発表を控えていることも、様子見姿勢が強まる要因であった。

 そのため、海外市場の下落影響は限られると考えられ、売り一巡後はこう着感の強い相場展開が想定される。ポジション調整的な売りで下げる局面においては、日銀によるETF買入れといった需給が下支えとして意識されやすい。また、日経平均は高値圏での強い動きが続いているが、物色は循環が続いており、需給が大きく買いに傾いている状況ではないだろう。

 とはいえ、高値圏でのこう着が続く中、資金回転は利きづらくなっている。循環物色が続いているため、ターゲットを絞りづらい面もある。短期的な資金回転を求めるなかで、中小型株に個人主体の資金が向かいやすいとみておきたい。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below