Reuters logo
内需・ディフェンシブ志向に向かいやすい
2016年6月27日 / 23:31 / 1年後

内需・ディフェンシブ志向に向かいやすい


*08:29JST 内需・ディフェンシブ志向に向かいやすい
 28日の日本株市場は不安定な相場展開になりそうだ。週明け27日の欧米市場は、英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けた欧州経済の先行き不透明感から、軒並み弱い値動きとなった。NYダウは260ドル安となり、シカゴ日経225先物清算値は大阪比200円安の15160円だったことから、日経平均はこれにさや寄せする格好から売りが先行しよう。

 ただし、英国のEU離脱に伴う不透明感の長期化は想定されていることもあり、改めて売り直される展開というよりも、目先は日経平均の15000円処での底固めの動きが続きやすいだろう。

 また、来月10日に投票が行われる参院選を控え、政策期待等が高まりやすい。昨日の物色はリスク回避姿勢の中で内需・ディフェンシブ系にシフトしていたが、建設などの強い動きが目立っており、公共投資などの政策期待が高まっている面もあったと考えられる。

 27日の米国市場をみると、S&P500種の騰落では銀行、自動車・部品、素材が下落する半面、公共事業、電気通信サービス、不動産、食品・飲料・タバコなどのセクターが上昇している。外部環境が不透明な中、内需・ディフェンシブ志向に向かいやすいだろう。

 その他、ビックカメラ3048は、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」に対応する家電が増えるなか、操作を体験できる売り場を有楽町店に設けると報じられている。IoT関連への手掛かり材料になる可能性がありそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below