Reuters logo
まずはレンジ上限までのリバウンドを意識
October 5, 2016 / 11:32 PM / a year ago

まずはレンジ上限までのリバウンドを意識


*08:29JST まずはレンジ上限までのリバウンドを意識
 6日の日本株市場は堅調な相場展開が見込まれる。日経平均は5日の上昇で25日線や200日線といった心理的な抵抗線を突破。価格帯別出来高で商いが膨れていた16600-16700円を超えてきたこともあり、ボックスレンジの上限である節目の17000円を意識した展開が期待される。

 また、米国市場ではNYダウが3日ぶりに反発。原油高のほか、9月ISM非製造業景況指数や製造業受注指数が予想を上振れたことが好感された。予想を上回る経済指標により年内の利上げ観測が高まったものの、これを嫌気することなく金融セクターに買いが広がったことは評価材料となろう。為替相場は1ドル103円台半ばと1ヶ月ぶりの円安水準となるなか、買い優勢の展開が意識される。

 とはいえ、17000円処までのリバウンドは意識されるものの、もち合いレンジ上限でもあるため、その後の上昇を見極める必要もある。週足の一目均衡表では雲下限が16978円に位置しており、来週は17063円に切り上がる。その後1ヶ月程度は同水準で横ばい推移となるため、この抵抗の突破を見極めたいところであろう。

 物色の流れは主力大型株へのインデックス売買が指数をけん引する格好となるため、ここ最近の動きである、日経平均型優位の相場展開になりそうだ。一方で、中小型の材料株などは、物色対象が絞られてきそうである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below