Reuters logo
FOMC通過後のトランプ物色を先取りするか
2016年12月13日 / 23:49 / 1年前

FOMC通過後のトランプ物色を先取りするか


*08:40JST FOMC通過後のトランプ物色を先取りするか
 14日の日本株市場は、欧米市場の流れを受けて買い先行の展開となろう。13日の米国市場では、伊大手銀への増資報道が好感された欧州市場の上昇が波及した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比75円高の19275円、円相場は1ドル115円台前半での推移となるなか、幅広い銘柄に買いが先行することになろう。

 その後はややこう着感の強い相場展開になる可能性が高そうである。米FOMC待ちとなろうが、1年ぶりの利上げは織り込まれている。ただし、FRBが長期的な経済見通しを書き換えることはないとの見方もあり、2017年の利上げが早まるとの見方が後退し、ドル高・円安の流れが一服する可能性はある。先高期待は強いものの、先駆していた銘柄への利益確定の流れが強まることが意識されそうだ。

 一方で、米国ではFOMCが通過することから、トランプ物色が一段と強まる可能性はある。この流れを受けた日本株市場の先高観も強い。昨日はSMC6273、日本電産6594が、空売り調査会社による売り推奨を受けて乱高下をみせた。ただ、良好な需給状況のなか、売り一巡後は急速に下げ渋る展開となっており、ここでも押し目買い意欲の強さが窺える状況である。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below