Reuters logo
19000円の攻防、決算を手掛かりとした個別物色に
2017年2月2日 / 23:20 / 10ヶ月後

19000円の攻防、決算を手掛かりとした個別物色に


*08:19JST 19000円の攻防、決算を手掛かりとした個別物色に
 3日の日本株市場はこう着感の強い相場展開が続きそうである。2日の米国市場はトランプ大統領の強硬な外交手法への警戒感から売りが先行。昨日のFOMCでは利上げ見通しに対する言及がなく、米景気に楽観的な見方と政治・経済情勢への慎重な見方が交錯しており、3日の雇用統計結果を見極めたいとの模様眺めムードが強まった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比110円高の19040円、円相場は1ドル112円80銭辺りでの推移に。

 昨日の日経平均は200円超の下げで、終値ベースでは1月24日以来の19000円を下回った。シグナルは悪化傾向であるが、強弱感が対立しやすい水準でもあり、自律反発も意識されるなか、日経平均は19000円での攻防になりそうだ。また、雇用統計を控えていること、週末要因等もあって売買は膨らみづらく、決算を手掛かりとした個別物色が強まりやすい。

 決算を手掛かりとした物色ではソニー6758、花王4452、新日鉄住金5401が注目される。また、雇用統計の結果次第では再び利上げ観測が高まりやすく、円相場も円安に振れる可能性があるため、自動車やハイテク株などにはポジション調整に伴う買戻しが意識される。その他、中国市場の休場明けにより、省力化など設備投資関連辺りも注目しておきたい。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below