Reuters logo
国内外の政治リスクを見極め
March 22, 2017 / 11:43 PM / 9 months ago

国内外の政治リスクを見極め


*08:38JST 国内外の政治リスクを見極め
 23日の日本株市場はこう着感の強い相場展開になりそうだ。22日の米国市場では、オバマケア代替法案を巡る採決を控え、模様眺めムードが強まっていた。前日の大幅下落の反動から半導体関連はリバウンドをみせており、ナスダックは上昇。一方で、NYダウは小幅ながら続落だった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比5円高の18915円、円相場は1ドル111円25銭辺りで推移している。

 日経平均は昨日400円を超す大幅な下げとなったが、本日も国内外の政治リスクを警戒するなか、自律反発も期待しづらいところであろう。国内では衆参両院の予算委員会で、「森友学園」の籠池理事長の証人喚問が行われる。発言内容次第では波乱の相場展開となる可能性がある。

 また、これが通過したとしても米国ではオバマケア代替法案を巡る採決が控えている。共和党内から法案通過を阻止する動きがあると伝えられるなか、仮に否決されれば、投資家の失望を誘う可能性があるだろう。その他、英国で発生したテロ事件なども嫌気されやすく、方向感が掴みづらい相場展開か。物色は個人主体による中小型株での短期的な値幅取りが中心になりそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below