Reuters logo
自律反発の域は脱せそうにない
2017年4月6日 / 23:32 / 8ヶ月前

自律反発の域は脱せそうにない


*08:28JST 自律反発の域は脱せそうにない
 7日の日本株市場は、前日の大幅な下げに対する自律反発が意識されよう。6日の米国市場は、米中首脳会談を見極めたいとする思惑から上値は抑えられたが、原油相場の上昇が好感される格好から、小幅ながらもNYダウ、ナスダックは上昇。この流れを受け、シカゴ日経225先物清算値は大阪比120円高の18730円だった。円相場は1ドル110円85銭辺りと、やや円安に振れて推移している。

 昨日の日経平均は大幅な下げとなり、もち合いレンジを下放れる展開となった。トレンドは悪化傾向にあるが、一先ず海外市場の落ち着きを受けて、シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、自律反発が意識されよう。米雇用統計への期待もあり、下値の堅さは意識されそうである。

 一方で、米中首脳会談が開かれている中で、北朝鮮による挑発行為が出てくるようだと、リスク回避的な流れに向かわせやすい。また、シリア問題等もあり、地政学リスクへの警戒から自律反発の域は脱せそうにない。日経平均は引き続き、5日線に上値の抑えられる格好での調整基調が続きそうである。

 物色としては好業績銘柄のほか、相対的に売り込まれている銘柄やテーマ株等での短期的な値幅取り狙いの商いに向かわせよう。宅配ロッカー、カジノ、フィンテックなどに注目。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below