Reuters logo
引き続き内需ディフェンシブや防衛関連に向かう流れか
2017年4月11日 / 23:42 / 7ヶ月後

引き続き内需ディフェンシブや防衛関連に向かう流れか


*08:35JST 引き続き内需ディフェンシブや防衛関連に向かう流れか
 12日の日本株市場は引き続き、こう着感の強い相場展開が続きそうである。11日の米国市場は、主要株価指数が下落。シリアや北朝鮮情勢への警戒感から投資家心理の悪化が続いており、売り優勢の展開となっている。また、安全資産として米国債を選好する動きが強まり、国債利回りが下落したことで金融株を中心に軟調推移に。シカゴ日経225先物清算値は大阪比70円安の18640円、円相場は1ドル109円70銭辺りと円高に振れて推移している。

 この流れもあり、売りが先行するとみられるが、北朝鮮問題に対する警戒感から押し目買いも入りづらいところである。ただし、前日には日銀のETF買い入れが観測されており、下を売り込む流れにはならないだろう。地政学リスクを背景に、利益確定の流れが強まっているほか、既にショートに傾いている面もあるとみられる。まずは15日の北朝鮮金日成国家主席の生誕105周年を控え、これを無事通過するのを見極めたいところであろう。

 また、欧米市場は週末がイースター休暇の祝日で休場になるため、ポジション圧縮やリバランスが中心になりやすいだろう、薄商いのなか、先物市場でのインデックス売買に振らされやすい点も注視しておきたい。その他、中小型株の持続性が弱く、短期資金による割り切りスタンスでの値幅取りが中心になりそうだ。内需ディフェンシブ系と防衛関連に資金が向かいやすい需給状況か。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below