Reuters logo
北朝鮮情勢の緊張と円高が重し
2017年4月13日 / 00:01 / 7ヶ月後

北朝鮮情勢の緊張と円高が重し


*08:55JST 北朝鮮情勢の緊張と円高が重し
 13日の日本株市場は売り優勢の展開から、こう着感の強い相場展開が続きそうである。12日の米国市場は下落。シリアや北朝鮮の地政学的リスクの上昇を背景に投資家のリスク回避姿勢が強まり、売り先行の展開となっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比60円安の18470円。円相場は1ドル109円05銭辺りと円高に振れて推移している。

 引き続き北朝鮮情勢の緊張を背景に、積極的な売買は手控えられる可能性が高いだろう。また、北朝鮮を訪れている外国人記者は13日に「大きく重要な出来事」に備えるよう通知を受けたと、ロイター通信が伝えている。その他、トランプ米大統領はドルが「強くなり過ぎている」とし、FRBが低金利を維持するのが好ましいとの見解を示したと伝えられ、円相場は一時1ドル108円台に突入している。地政学リスクと円高が嫌気されるなか、模様眺めムードが強まろう。

 物色の流れとしては、引き続き防衛関連への値幅取りが活発化しそうであり、さらに物色対象も広がりがみられそうである。その他、決算を手掛かりとした小売、サービスセクター等、内需系への物色に向かいそうである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below