Reuters logo
上げ一服で決算を手掛かりとした個別物色へ
2017年4月26日 / 23:37 / 7ヶ月前

上げ一服で決算を手掛かりとした個別物色へ


*08:32JST 上げ一服で決算を手掛かりとした個別物色へ
 27日の日本株市場は利食い優勢の展開になりそうである。26日の米国市場は小反落だった。注目された税制改革案は、概ね予想通りの内容だったこともあり、直近の大幅な上昇に対する利益確定に向かわせた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比105円安の19175円だった。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好となろうが、想定内といったところであろう。日経平均は足元の上昇で価格帯別出来高で商いが積み上がっている水準まで戻してきており、ここからは戻り待ちの売り圧力なども意識される水準。決算発表が本格化しているほか、大型連休を控えていることもあり、積極的には動けないところであろう。

 決算については、LINE3938が嫌気される一方で、花王4452、古河電工5801が好感されそうだ。日本銀行の金融政策決定会合の結果については、現状維持が予想される。また、昨日は米国で期限を迎える暫定予算にむけて、メキシコ国境の壁建設費の予算計上を先送りにしたことが好感されたが、引き続き動向を見極めたいとする模様眺めムードも強まりそうである。

 物色の流れとしては決算を手掛かりとした個別での日替わりになりそうだが、インデックスに絡んだ商いでの主力処が一服となるようだと、中小型株に個人主体の資金がシフトしやすい。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below