Reuters logo
こう着ながらもリバウンドを意識した相場展開に
2017年6月26日 / 23:32 / 5ヶ月前

こう着ながらもリバウンドを意識した相場展開に


*08:29JST こう着ながらもリバウンドを意識した相場展開に
 27日の日本株市場は、底堅い相場展開が意識されそうだ。26日の米国市場は、5月耐久財受注が予想以上の落ち込みを受けて、まちまちの展開だった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比65円高の20185円、円相場は1ドル111円85銭辺りとやや円安に振れているほか、原油相場が3営業日続伸でリバウンドをみせていることが材料視されそうだ。また、欧州は全般堅調。イタリア政府が銀行2行の破綻処理に最大170億ユーロをコミットした。イタリアの過去最大の銀行救済についても材料視されよう。

 ただし、底堅さが意識されるものの、株主総会シーズンのなか機関投資家は積極的には動けず、上値追いは慎重となる。また、7月2日には都議会議員選挙の投開票となるため、こちらも手掛けづらくさせる要因である。その他、米国では5月耐久財受注が予想以上の落ち込みとなったが、27日に米消費者信頼感指数、28日に米卸売在庫、米中古住宅販売成約指数、29日に米1-3月GDP(確定値)、米新規失業保険申請件数、30日に米個人支出・所得、米シカゴ製造業景況指数、米ミシガン大学消費者マインド指数等多くの経済指標の発表が予定されている。これらを見極める必要がありそうだ。

 とはいえ、個人主体の投資意欲は高く、物色対象についてはゲーム株への循環物色が依然として活発である。過熱警戒感が高まっている銘柄等から出遅れ、低位、割安といった銘柄への資金シフトも意識されてきている。そのほか、株主総会についても、個人主体の銘柄については総会内容を受けた株価動意がみられており、物色意欲の強さが窺える。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below