Reuters logo
円安や原油高材料視も米半導体関連の下げが重しに
2017年6月27日 / 23:33 / 5ヶ月前

円安や原油高材料視も米半導体関連の下げが重しに


*08:28JST 円安や原油高材料視も米半導体関連の下げが重しに
 28日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開が続きそうである。27日の米国市場は長期金利の上昇や、共和党上院がオバマケア代替法案の採決を持ち越したことが嫌気された。シカゴ日経225先物清算値は大阪比5円安の20145円、円相場は1ドル112円25銭辺りでの推移となっている。

 長期金利の上昇を受けて金融セクターへの物色が意識されるほか、為替の円安や原油相場の上昇等もあり、底堅さは意識されやすいだろう。一方で、米国では半導体関連が総じて軟調な展開となっており、これが重しになりそうである。

 また、昨日は配当再投資による需給面での下支えもあって底堅い動きだった。本日の寄付き時点でも需給要因が残っている可能性があろう。ただし、その後は需給イベント通過によって再びこう着感の強い相場展開になりやすい。

 そのため、物色の流れとしては、今しばらく中小型株に向かいやすいと考えられる。寄り高で利食いに押されていた銘柄なども、後場に入り再び切り返す動きもみられており、相当、個人の需給は良さそうである。出遅れ銘柄を探る動きも活発化しよう。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below