Reuters logo
金融セクター選好、日経平均は高値更新後はこう着感の強い相場
September 20, 2017 / 11:16 PM / 3 months ago

金融セクター選好、日経平均は高値更新後はこう着感の強い相場


*08:12JST 金融セクター選好、日経平均は高値更新後はこう着感の強い相場
 21日の東京市場は、こう着ながらも堅調な相場展開が見込まれる。20日の米国市場ではNYダウが9営業日続伸となり、連日で最高値を更新した。注目されたFOMCでは、政策金利を据え置くとともに、バランスシートの縮小を10月から開始することを決めた。また、ハリケーンによる経済への影響は一時的との見方もあり、年内に追加利上げに踏み切ることを示唆した。これを受けて米長期金利が上昇。10年物国債利回りは一時2.28%と8月上旬以来ほぼ1カ月半ぶりの水準まで上昇した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比145円高の20285円。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、買い優勢の展開となり、日経平均は連日の年初来高値を更新してこよう。長期金利の上昇を背景に、金融セクターへの物色が意識されそうである。一方で、昨日日経平均をけん引していたソフトバンクG9984は出来高急増で買い疲れ感も意識されやすく、本日のところは、指数へのインパクトは期待しづらいところであろう。そのため、高値更新後はこう着感の強い相場といったところか。

 物色はインデックスに絡んだ商いから大型株に向かいやすいほか、イベントでは東京ゲームショウが開催されるなか、足元で調整が強まっていたゲーム株への見直しが期待されそうだ。その他、米EV大手テスラは、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)と共同で、自動運転車向けのAI用半導体を開発していると報じられている。自動運転や半導体関連の一角への物色も意識されやすい。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below