January 30, 2018 / 11:41 PM / 24 days ago

米株安は織り込み済み、決算を手掛かりとした個別対応


*08:37JST 米株安は織り込み済み、決算を手掛かりとした個別対応
 31日の日本株市場は、米株安の流れを受けて売り先行で始まろう。30日の米国市場はNYダウが362ドル安と大きく下げた。世界的な金利上昇への警戒感からアジア・欧州株が全面安となった流れから、ポジションを手仕舞う動きが強まったようだ。これを受けてシカゴ日経225先物清算値は大阪比70円安の23190円だった。円相場は108円70銭台で推移している。

 米株安の流れを引き継ぐ格好となるが、昨日の日中段階でNYダウ先物が200ドル超下げていたため、これを警戒する格好から後場に入り一段安となっていた。そのため、ポジション調整等は進んでおり、概ね織り込まれていると考えられるため、過剰な反応はなさそうである。また、決算発表が本格化する中では、積極的には手掛けづらく、ポジションも大きく傾いているとは考えづらい。そのため売り一巡後の底堅さは意識されそうだ。

 また、好業績銘柄への物色は散見されており、決算結果を見極めての個別対応になりそうだ。昨日の決算ではアルプス6770、アドバンテスト6857、キヤノン7751等が評価される。また、業績観測が報じられている伊藤忠8001、三井物8031なども物色対象になりそうだ。資金の逃げ足は速そうだが、決算を手掛かりとした物色が中心になろう。なお、本日は決算発表が370社程度予定されている。(村瀬 智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below