March 21, 2018 / 11:34 PM / 6 months ago

国内政治リスク重石で配当志向の物色が中心に


*08:29JST 国内政治リスク重石で配当志向の物色が中心に
 22日の日本株市場はこう着感の強い相場展開が続きそうだ。注目のFOMCでは大方の予想通り、政策金利が引き上げられたほか、パウエル議長は18年の利上げ見通しを維持した。一先ずFOMC通過によるアク抜けが意識されやすいところではあるが、国内の政治リスクへの警戒感から積極的な売買は手控えられることになりそうである。森友スキャンダルでは27日の佐川前国税庁長官の証人喚問の行方を見極めたいところであろう。

 そのためFOMC通過によるアク抜けから底堅さが意識されるほか、インデックスに絡む売買からの上昇も意識される半面、国内政治リスクが上値の重石となることから、方向感は掴みづらい状況であろう。物色の流れとしては、やや内需系にシフトしやすいほか、期末接近による配当志向の物色が中心になりやすいと考えられる。

 その他、日経平均が膠着の中では、個人主体の資金は中小型株にシフトしやすいであろう。週初に大きく下げていた中小型株については、祝日前には見直し買いがみられている。追証に伴う需給懸念も高まらず、引き続き見直しの流れに期待したいところである。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below