April 2, 2018 / 11:32 PM / 4 months ago

ディフェンシブや中小型株にシフト


*08:25JST ディフェンシブや中小型株にシフト
 3日の日本株市場は不安定な相場展開になろう。連休明け2日の米国市場は、NYダウが458ドル安と大幅に下落した。中国が米国製品130品目に対する報復関税策の実施に踏み切ったことで貿易摩擦への懸念が高まったほか、アマゾンやテスラへの警戒も根強く、ハイテク株に売りが広がっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比385円安の21045円となり、この影響から先物主導で幅広い銘柄に売りが先行する格好になろう。

 昨日の日経平均は後場半ば辺りから先物主導で失速する格好であり、ある程度は米国市場の下げを織り込む流れではあったが、200日線辺りでの底堅さが意識されていた。しかし、ギャップ・ダウンでこれを下回ってくるほか、52週線レベルまで下げてくる可能性があるため、センチメントは悪化しよう。

 昨日の東証1部の売買高は10億株を割り込んでおり、今年最低を記録している。海外勢のフローが限られた影響であるが、海外勢の売り圧力が加わることでより下へのバイアスが強まる可能性がありそうだ。ただし、IPO銘柄への物色が活況となるなど、個人主体の物色は強いとみられ、外部環境のリスクを避ける狙いから、よりディフェンシブや中小型株にリスク回避の資金が向かいやすいだろう。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below