April 12, 2018 / 12:11 AM / 7 months ago

安川電機の決算でセンチメントを計る


*09:09JST 安川電機の決算でセンチメントを計る
 12日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開になろう。11日の米国市場ではNYダウが200ドル超の下落となった。これについては昨日の段階で織り込まれており、想定内の下げといったところであろう。ただし、トランプ大統領がシリアへの軍事攻撃を示唆したほか、同国を支援するロシアとの関係悪化に言及し、地政学リスクの高まりが重石になりそうである。シカゴ日経225先物清算値は大阪比25円安の21645円だった。また、ADRの日本株をみても高安まちまちであり、手掛けづらい相場展開だろう。

 物色としては地政学リスクの高まりを背景とした原油相場の上昇を受けて、資源株や防衛関連には短期筋の資金が向かいやすいだろう。また、昨日は外需セクターへの資金シフトがみられていたが、リスク回避的な流れに向かいやすく、内需系にシフトしやすいところではある。ただし、小売企業の決算発表は佳境を迎えるなか、内需系は材料出尽くしに向かいやすい面もある。今後本格化する主要企業の決算発表を前に、外需セクターへのシフトが継続するかを見極めたいところであろう。

 それ故に本日決算発表を控えている安川電機6506の動向が注目されるとともに、センチメントを計るうえで注目されよう。株価は1月高値をピークに調整が続いており、アク抜けを想定した海外勢の買い戻しが意識されるようだと、ハイテクセクターなどを見直す動きが広がる可能性も出てくるだろう。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below