April 13, 2018 / 12:13 AM / 5 months ago

内需物色ピークで外需へのシフトを意識


*09:06JST 内需物色ピークで外需へのシフトを意識
 13日の日本株市場は買い先行の展開となり、直近2日間の下落部分を埋めてくることが期待される。12日の米国市場ではNYダウ、ナスダックともに上昇。シリア情勢への警戒感が後退したほか、トランプ大統領が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への復帰を検討するよう指示したことが材料視された。また、本格化する決算への期待感から見直し買いが強まった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比150円高の21810円となり、これにサヤ寄せする格好となろう。

 また、ファーストリテ9983は前日に2Q決算と併せて、通期業績予想の上方修正を発表した。営業利益計画はコンセンサスを若干上回っているほか、年間配当予想は400円と、従来予想(年間350円)から上積みした。これを評価する流れから日経平均の押し上げ要因になろう。また、安川電機6506の18年2月期決算は売上高・利益とも過去最高を更新。19年2月期は概ねコンセンサスの範囲であるが、減速を警戒する向きもあっただけに、ポジティブ視されそうだ。

 ファーストリテの決算で内需物色がピークとなり、安川電機の決算をきっかけとしたハイテク企業の見直しから、日経平均は下値固めからの反発を意識したトレンド形成が期待されてこよう。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below