April 15, 2018 / 11:38 PM / 3 months ago

こう着ながらも底堅い相場展開に、物色対象の変化を見極め


*08:32JST こう着ながらも底堅い相場展開に、物色対象の変化を見極め
 16日の日本株市場は、こう着ながらも底堅い相場展開になりそうだ。14日に米英仏がシリア攻撃に踏み切っており、本日は先進国の主要株式市場である東証が最初にシリア攻撃を織り込むことになり、先行き不透明感が強い。ただし、リスク回避の円買いといった流れにはなっておらず、影響は軽微となりそうである。とはいえ、楽観視するわけにはいかず、今後の行方を見極める流れになりそうだ。

 また、今週の最大のポイントは、17日から18日の首相訪米による日米首脳会談となる。北朝鮮問題を除くと、日米FTA(2国間自由貿易協定)交渉開始要求や為替・金融政策に批判的な言及が米国側からあった場合、為替の円高進行や株式市場がネガティブに受け取る可能性がある。また、安倍首相の内閣支持率にも影響を与えることにもなるだけに注目度は大きいため、こちらも様子見の要因になろう。

 ただ、日米首脳会談が穏健に終了した場合、日経平均は戻りを試す展開となり、2月28日以来となる22000円台の回復に向けたトレンド形成が期待される。そのため、下値を売り込む流れにはならず、全体としては底堅さが意識されよう。先週末のファーストリテ9983の決算通過で内需から外需への資金シフトによって、日経平均のリバウンド基調持続が意識される。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below