April 23, 2018 / 11:59 PM / 7 months ago

こう着のなか、マザーズ銘柄への見直し等を意識


*08:58JST こう着のなか、マザーズ銘柄への見直し等を意識
 24日の日本株市場はこう着感の強い相場展開が続きそうである。23日の米国市場は長期金利上昇への警戒感や主要ハイテク企業の決算を見極めたいとする模様眺めムードのなか、やや売り優勢の相場展開となった。取引終了後の決算を発表したアルファベットは、売上高、一株利益ともに予想を上振れたが、市場反応はまちまちであり、ハイテク株への支援材料にはなりづらいだろう。一方で、円相場は1ドル108円後半へと円安に振れて推移しており、為替の円安基調が下支えとして意識されそうである。シカゴ日経225先物清算値は大阪比90円高の22190円だった。

 国内の決算では日本電産6594に市場の関心が集まりやすく、その後発表されるハイテク企業の決算後の反応にも心理的な影響を及ぼすことになりそうである。株価は1月高値をピークに調整が続いており、足元では26週線、13週線に挟まれる格好で煮詰まり感が台頭している。テクニカル的にはもち合いを放れやすいタイミングとなる。

 その他、AIや仮想通貨などのテーマ株への物色も引き続き注目される。決算を控えて物色対象は広がりづらい状況でもあり、動きの強いテーマ株や材料株等に短期筋の値幅取り狙いの資金が集中しやすいだろう。その他、HEROZ4382は今日にも初値がつくことになりそうだが、初値形成後の利食い資金が更に他の中小型株へ向かう格好となり、出遅れ感のあるマザーズ銘柄への見直し等も意識されてくるだろう。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below