May 6, 2018 / 11:30 PM / 4 months ago

米ハイテク株高が支援材料に


*08:29JST 米ハイテク株高が支援材料に
 連休明け7日の日本株市場は、ハイテク主導で底堅い相場展開が見込まれる。米国市場は2日まで4営業日続落と不安定な相場展開が続いていたが、3日に小幅に反発すると、週末4日には332ドル高と大きく上昇。雇用統計は失業率が改善された一方で、非農業部門雇用者数と平均時給の伸びが予想を下振れており、反応は限定的だった。そんななか、バフェット氏がアップル株を大幅に買い増したことが好感され、ハイテク株に買いが広がった。この流れを受けて、指数インパクトの大きい値がさのハイテク株が日経平均をけん引する展開が意識されそうだ。

 とはいえ、7日から11日の間に1600社を超える決算発表が予定されている。良好な決算に対する資金集中がみられているが、コンセンサスを下回った場合のアク抜けの動きは限られており、結果を見極めたいとする模様眺めムードが強まりやすいだろう。そのため、先物主導によるインデックス売買で日経平均は底堅い値動きながらも、物色対象は定まりづらく、決算を手掛かりとした個別対応になりそうだ。

 なお、日経平均は上値を抑えられたものの、上昇する5日線が支持線として意識されており、緩やかなリバウンド基調が継続している。週間形状では僅かではあるが、26週線を支持線として踏ん張りをみせており、引き続き戻りを試すトレンドが形成されている。決算発表がピークを迎えるが、ドル高円安基調が決算に対する慎重姿勢を和らげる可能性も意識されよう。(村瀬 智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below