May 9, 2018 / 12:39 AM / 2 months ago

こう着のなかトヨタ決算インパクトに期待


*09:33JST こう着のなかトヨタ決算インパクトに期待
 9日の日本株市場はこう着感の強い相場展開が続きそうである。8日の米国市場は、米国によるイラン核合意の離脱及び、同国への経済制裁の再開が発表され、地政学リスクへの警戒が高まったが、原油相場は下げ渋りをみせた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比20円安の22500円だったほか、円相場は1ドル109円を挟んだ推移となり、日経平均は引き続き22500円での攻防となろう。

 決算発表がピークを迎えるなか、昨日ザラバに決算を発表し、動意をみせていた商社株の一角が堅調推移となるようだと、センチメントを明るくさせる可能性はある。ただし、物色の矛先が向かわないようだと、決算を手がかりとした日替わり物色となり、方向感が掴みづらくなりそうだ。

 本日はトヨタ7203の決算に市場の関心が集まりやすく、サプライズとなれば、足元で低迷している自動車株への見直しにもつながろう。また、指数インパクトの大きいソフトバンクG9984の決算が予定されており、先回り的な動きがみられるかが注目される。

 その他、昨日引け後の決算では、手間いらず2477、テリロジー3356、東海カ5301、協和キリン4151、旅工房6548、アサヒHD5857、スクリン7735などが注目される。(村瀬 智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below