May 9, 2018 / 11:36 PM / 4 months ago

日経平均は節目の22500円での攻防


*08:31JST 日経平均は節目の22500円での攻防
 10日の日本株市場は、底堅い相場展開になりそうだ。9日の米国市場は原油相場の上昇を受けてエネルギーセクターが選好されたほか、米国債利回りが再び3%を突破したことで、金融株にも買いが広がった。また、マイクロン・テクノロジーが5%を超える上昇となるなど、ハイテク株も強い動きをみせていたため、日経平均の下支え要因になりそうだ。

 また、トヨタ7203が決算後に動意をみせていたほか、引け後に決算を発表したソフトバンクG9984は、PTS市場で弱含みとなる場面もみられたが、ADR市場では底堅い値動きをみせていたこともあり、安心感につながりそうだ。先物主導によるインデックス買いによって指数インパクトの大きい値がさハイテク株の上昇も意識されるため、日経平均は節目の22500円での攻防になろう。

 ただし、本日は400社を超える決算発表が予定されているほか、明日は800社近く発表されるため、買い一巡後は22500円処でのこう着感が強まりやすく、その後は決算を手がかりとした個別での値幅取り狙いの商いが中心になろう。ザラバでは、セ硝子4044、小野薬4528、東レ3402、三菱ケミHD4188、ダイセル4202、HOYA7741、安藤ハザマ1719、清水建1803、西松建1820、ヤクルト2267などが予定されており、資金が向かいやすいだろう。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below