May 21, 2018 / 11:31 PM / a month ago

中小型株物色がセンチメントを支える


*08:27JST 中小型株物色がセンチメントを支える
 22日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開になりそうだ。21日の米国市場は貿易摩擦を巡る米中協議が中国の対米輸入拡大で妥結し、関税賦課を棚上げしたことで投資家心理の改善から買いが先行。NYダウは一時300ドルを超える上昇をみせた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比15円高の23025円だった。ただ、米株高は材料視されるものの、米中貿易摩擦回避に向けた動きは昨日の段階で織り込まれており、大きな反応は期待しづらいところではあろう。また、日経平均は昨日までの上昇で約3ヵ月半ぶりに23000円を回復しており、目先的な達成感が意識されやすいところでもある。

 また、米朝首脳会談を控えて積極的には手掛けづらい状況は余儀なくされそうなほか、加計学園問題などの国内政治リスクが積極的な上値追いを手控えさせる一因にもなりやすいだろう。出来高は低水準のなか、インデックスに絡んだ売買にも振らされやすいと考えられる。

 もっとも、マザーズ指数、JASDAQ平均が上昇したほか、決算評価の流れが継続しているほか、出遅れ修正の動きもみせてきており、センチメントは改善傾向にあるだろう。相対的に出遅れているセクターや銘柄、決算を再評価する動きも幅広く見られてきてくることで、じり高基調が続くことになりそうだ。また、インデックス売買に振らされる局面においても、中小型株物色がセンチメントを支える格好になりそうだ。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below