May 25, 2018 / 12:03 AM / a month ago

リスク警戒もより中小型株へのシフトが強まる


*08:56JST リスク警戒もより中小型株へのシフトが強まる
 25日の日本株市場は不安定な相場展開になりそうだ。24日の米国市場は、トランプ大統領が米朝首脳会談の中止を表明し、地政学リスクへの警戒感から売りが先行。またトランプ政権が自動車・自動車部品に最大25%の関税導入を検討していることが報じられ、貿易戦争への懸念が強まった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比95円安の22315円となり、一時22075円まで下げ幅を広げる場面もみられている。円相場は1ドル109円10銭台、1ユーロ127円90銭台と円高に振れて推移していることも手掛けづらくさせそうだ。

 トランプ米大統領は24日、6月12日にシンガポールで予定していた米朝首脳会談について「いまは不適切だ」として中止する考えを表明した。この影響から地政学リスクへの警戒が高まりやすく、ファンド筋による売り仕掛け的な動きが意識されそうだ。シカゴ先物の安値水準にさや寄せするとなると、日経平均は75日線レベルまでの調整を余儀なくされることになろう。

 ただ、指数インパクトの大きい値がさ株を中心に、CTA(商品投資顧問業者)などヘッジファンドとみられる売りが観測されているが、短期的な売り仕掛け的な動きでもあるとみられる。直近で600円近く下落しており、22000円接近ともなれば短期間で1000円近く下げることになり、短期筋の買い戻す動きも意識されてくるだろう。インデックス売買に振らされやすい展開となろうが、一方で中小型株を見直す動きは広がりがみられている。需給整理も進捗しているとみられ、外部環境が不安定ななか、より中小型株へのシフトが強まるだろう。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below