June 4, 2018 / 11:36 PM / 18 days ago

ハイテク株の動向に注目


*08:31JST ハイテク株の動向に注目
 5日の日本株市場は、引き続き底堅い相場展開が見込まれる。4日の米国市場は引き続き雇用統計を受けた米長期金利の上昇を背景に、買いが先行。ハイテク株が選好され、終日堅調推移となっており、支援材料になるだろう。シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円高の22560円だった。また、円相場は1ドル109円80銭台、1ユーロ128円40銭台と円安傾向にあることも、買い安心感につながろう。

 もっとも、前日の大幅上昇に対する利益確定のほか、週末に先物オプション特別清算指数算出(メジャーSQ)を控えていることもあり、25日線レベルでは強弱感が対立しやすいと考えられる。とはいえ、南欧の政治リスクが後退し、6月12日で調整中の米朝首脳会談の開催に現実味が増してくる流れを受けて、リスクオンに向かう中、足元で売り込まれていたセクターなどを買い戻す動きが散見されている。貿易戦争への警戒から積極的に買い上がる動きには向かいづらい面はあるが、リバランスの流れが中心になりやすく、ディフェンシブ物色よりも、景気敏感セクターが見直されやすいところである。

 米国ではバンクオブアメリカ・メリルリンチがゲーム市場からの好影響を指摘し、半導体のエヌビディアとアドバンスト・マイクロ・デバイセズが買われており、指数インパクトの大きいソフトバンクG9984、東エレク8035などへの支援材料となることも、日経平均の下支えとして意識されそうだ。昨日は自動車株の強さが目立っていたが、本日はハイテク株の動向に注目したい。(村瀬智一)
《NH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below