June 5, 2018 / 11:58 PM / 5 months ago

中小型株は利食いが先行、インデックスに絡んだ商いが中心


*08:52JST 中小型株は利食いが先行、インデックスに絡んだ商いが中心
 6日の日本株市場はこう着ながらも底堅さが意識される相場展開になりそうだ。5日の米国市場は利食いの動きからNYダウは小安かったが、ハイテク株中心に底堅い値動きとなり、ナスダックやS&P500指数、SOX指数は上昇。シカゴ日経225先物清算値は大阪比5円安の22515円だった。この流れを引き継ぐ格好から日経平均は25日線が位置する22500円処での攻防が続きそうである。また、円相場は1ドル109円80銭台と110円を目前に小康状態が続いていることも、積極的な上値追いの動きを手控えさせよう。

 週末には先物オプション特別清算指数算出(メジャーSQ)を控えていることもあり、方向感は出難く、22500円辺りが落ち着き処といったところであろう。また、来週には6月12日で調整中の米朝首脳会談の開催に現実味が増すなか、リスクオンに向かう一方で結果を見極めたいとする模様眺めムードが強まりやすいところでもある。

 物色の流れとしては、足元で売り込まれていたセクターなどを買い戻す動きが散見されている。貿易戦争への警戒から積極的に買い上がる動きには向かいづらい面はあるが、景気敏感セクターが見直されやすいところである。一方で、インデックスに絡んだ商いが中心になりやすく、中小型株は利食いが先行しやすい。メルカリの上場を控えていることも換金売り思惑で利食いが出やすいとの見方もあり、より主力株にシフトしやすい。指数インパクトの大きい値がさの一角やハイテク株の動向に注目したいところである。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below