June 11, 2018 / 11:52 PM / 2 months ago

23000円を意識した相場展開、米朝首脳会談やFOMC結果を先回り


*08:46JST 23000円を意識した相場展開、米朝首脳会談やFOMC結果を先回り
 12日の日本株市場は23000円を意識した相場展開になりそうだ。11日の米国市場は、イタリア新政権のトリア経済相がユーロ圏への残留を表明し、欧州株が全面高商状となったことが好感されたが、米朝首脳会談やFOMC結果を見極めたいとの思惑から上値は限られた。しかし、シカゴ日経225先物清算値は大阪比130円高の22920円と23000円が射程に入ってきているほか、円相場は1ドル110円台を回復しており、これを受けて先物主導のインデックス売買が日経平均を押し上げよう。

 昨日の日経平均は指数インパクトの大きい値がさ株がけん引。重要なイベントを控えて、東証1部の出来高は11億株にとどまっており、インデックスに絡んだ商いが中心となった。本日も引き続き同様の相場展開になりやすいだろうが、米朝首脳会談は日本時間午前10時から開催される。後場には状況が報じられる可能性もあり、これが市場に大きく影響を与えてくることも意識されよう。世界にインパクトを与えてくると見込まれるなか、先回り的な流れからインデックスに絡んだ売買で一気に23000円を窺う相場展開もありそうだ。FOMCでの利上げを織り込んだ動きも意識されるところであろう。その他、相場のインパクトを狙った短期筋の値幅取り狙いの売買も活発化することも期待される。

 そのため、シカゴ先物にサヤ寄せする格好からギャップ・アップで始まった後はこう着が続こうが、後場に入ってからの動向が注視されそうである。ただ、インデックスに絡んだ売買が中心になるため、指数インパクトの大きい値がさ株に振らされやすいだろう。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below