July 4, 2018 / 11:35 PM / 16 days ago

一段と慎重姿勢になりそう


*08:32JST 一段と慎重姿勢になりそう
 5日の日本株市場は、引き続きこう着感の強い相場展開になりそうだ。4日の米国市場は独立記念日の祝日で休場だったことから海外勢のフローは限られる。参加者が限られるなか、先物主導によるインデックス売買に振らされやすいだろう。また、5日の米国では雇用統計の前哨戦となるADP雇用報告の発表を控えていることなども、様子見姿勢につながる可能性がありそうだ。

 また、米中両国が相互に高関税措置に入る6日が近づき、一段と慎重姿勢になりそうである。そのため、ディフェンシブ系へのリバランスといった消去法的な売買にとどまりそうである。個人主体の中小型株についても資金の広がりはみられず、値動きの軽い銘柄や低位材料株の一角に集中しやすい。IPO銘柄や決算を手掛かりとした小売株への物色も意識される。とはいえ、不安定な相場環境の中、キャッシュポジションを高める流れにも注意しておきたいところであろう。

 テクニカル面では、日経平均は一目均衡表の雲下限での攻防をみせている。支持線として意識されやすく、底堅さがみられる一方で、これを明確に下放れてくる局面においては、売り仕掛け的な動きも警戒しておく必要がありそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below