July 5, 2018 / 11:37 PM / 12 days ago

米中の制裁関税発動を見極め


*08:34JST 米中の制裁関税発動を見極め
 6日の日本株市場は、米中の制裁関税発動が警戒されるなか、値動きの荒い相場展開となる可能性がある。独立記念日明けの5日の米国市場は上昇した。欧米間の自動車・自動車部品への関税を巡る貿易摩擦への懸念が後退し、買い戻しが先行した。また、半導体のマイクロン・テクノロジーは、中国の裁判所による販売禁止処分による売上高の影響が軽微として業績見通しを据え置き堅調推移。同業のエヌビディアやアドバンスト・マイクロ・デバイセズも連れ高となっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比190円高の21680円となり、朝方は米株高を受けた自律反発が意識されよう。

 ただし、買い一巡後はこう着感が強まりやすく、米中の制裁関税発動を見極めることになりそうだ。米中双方は年間500億ドル相当の製品を対象にした制裁措置のうち、340億ドル分をそれぞれ6日から先行実施する。中国は米国の追加関税の効力が発生した後に実施すると報じられており、米国が課税する現地の6日午前0時1分(日本時間同午後1時1分)以降に始まるとみられている。そのため、後場は波乱含みの展開を警戒する必要があるだろう。

 足元の調整で相当織り込まれているとはみられるが、日本を含めた世界経済全体に打撃を与えることになり、あく抜け感は強まることはなさそうである。短期筋の買い戻しからインデックスに絡んだ売買によって切り返す可能性はあるものの、トレンド好転は見込めない。また、中小型株などは足元の調整で需給状況は悪化傾向にあり、押し目買い意欲も強まりづらいところである。オーバーウィークのポジションは取りづらく、慎重姿勢が続きそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below