July 9, 2018 / 11:45 PM / 11 days ago

リバウンド試すも戻り待ちの売りは次第に強まる


*08:40JST リバウンド試すも戻り待ちの売りは次第に強まる
 10日の日本株市場は、米株高の流れを受けてリバウンドを試す相場展開になりそうだ。9日の米国市場は、NYダウが300ドルを超える上昇となった。先週発表された6月雇用統計を受けた買いが継続しているほか、貿易摩擦に関して新たな悪材料が出ていないことも安心感につながっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比115円高の22185円となり、これにサヤ寄せする格好から買いが先行しよう。

 ただし、日経平均は直近2日間のリバウンドで500円上昇しており、短期的な自律反発としては達成感が意識されやすい。25日線接近の局面では戻り待ちの売り圧力も次第に強まることも考えられる。昨日の東証1部の売買高は12億株台にとどまっており、インデックスに絡んだ売買のほか、指数インパクトの大きいところでは、エーザイ4523、ソフトバンクG9984、TDK6762がけん引する格好だった。本日もエーザイの強い動きが意識されるほか、ファーストリテ9983、ファナック6954などの上昇も見込まれよう。ただし、インデックス主導のなか、次第に戻りの鈍さが意識されてくるようだと、短期筋の売り仕掛け的な動きにも警戒が必要である。

 日経平均は次のターゲットとして目先的には25日線辺りを目指す展開が意識されてこよう。また、日経平均が22000円を固めてくるようだと、需給悪化が警戒されている中小型株についても、自律反発狙いの買いの動きが強まってくる可能性がある。とはいえ、積極的な資金流入には見極めが必要であり、日替わり物色のなかで中小型株からの短期筋の資金流出も加速するリスクがあるため、フットワークが要求されてくるだろう。また、決算発表も増えてくるが、決算に対してはより神経質になりそうである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below