July 10, 2018 / 11:50 PM / 11 days ago

決算など個別の材料を手掛かりとした循環物色に


*08:40JST 決算など個別の材料を手掛かりとした循環物色に
 11日の日本株市場は、リバウンドを意識しつつも、強弱感の対立しやすい相場展開になりそうだ。10日の米国市場はNYダウが140ドル超の上昇となった。週後半から始まる4-6月期決算発表への期待感から買いが先行。原油相場の上昇が好感され、堅調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円高の22235円。円相場は1ドル110円80銭台で推移している。

 日経平均は前日までの上昇で650円程度戻しており、チャート上では心理的な抵抗線として意識されている25日線を捉えてきており、自律反発としては達成感が意識されやすいところ。米中貿易摩擦についても一先ずアク抜けとはなったが、懸念が払しょくされている訳ではなく、積極的な上値追いは期待しづらいところであろう。

 昨日の日経平均は引けにかけて利食いに押される格好となったが、ETFの分配金支払いのための先物売りはピークを通過したとの見方もあり、調整局面では反動を意識した押し目を拾いたいところではある。ただ、セクターではディフェンシブ系が一服となっており、景気敏感へのリバランスが中心といったところ。中小型株は利食いに押される銘柄が目立っており、自律反発の域は脱していない状況であろう。引き続き外部環境を睨みながらの相場展開となるが、心理的な抵抗線を突破してシグナルを好転させるには、時間を要する可能性があり、決算など個別の材料を手掛かりとした循環物色になりそうだ。

 また、昨日のSUBARU7270の乱高下を見る限り、参加者が限られる中で短期的な需給に振らされやすい局面でもある。そのため、急伸・急落後の反動を狙ったスタンスも活きてきそうである。決算を手掛かりとした物色についても、資金が集中しやすい反面、逃げ足の速さも警戒する必要がある。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below